HomeHobbyConnector 1

無線用 コネクター&同軸ケーブル

sample

 同軸ケーブルには、3C-2V,5D-2V・・・のような型番
が付いている。頭の数字は,ケーブルの太さを表し、数字が大きいほど太いケーブルです。
その次の「C」とか{D]はケーブルの特性(インピーダンス)を意味します。Cは75Ω、Dは50Ωです、最後の2VやFBは、ケーブルの構造や使用材質を区分していて、2Vは最も一般的なケーブル、FBは低損失ケーブルで、特に高周波で使用されます。
TVや、FM受信アンテナは75Ω系、アマチュア無線やパーソナル無線等は50Ω系が使用されます。

            

コネクタの特徴

sample

M型・BNC型・N型・F型などの種類があります。
 M型:アマチュア無線によく使用されます。
    インピーダンスは不整合なので、200MHz以上の
    周波数では損失が大きくなります。安い!
 BNC型:ハンディ機や計測器似よく使用されます。
   小型で脱着が簡単なのが特徴です。 使用最高周波   数は、4GHzですが、5C,5D以下の細いケーブル用
 N型:最高周波数が、10GHzと高く構造もしっかりして
   いる。UHF/SHF帯用。値段が高額になります。
 F型:テレビアンテナの75Ω系によく使用される。主に、3C-2V,5C-2Vでよく使用されます。

            

コネクターとケーブルの接続

sample

同軸ケーブルとコネクターの接続は、結構大変です!

それぞれ特徴がありますので、同軸を加工するときの
寸法を右図に示します。

接続には、ハンダゴテが必要です。

ハンダ作業が馴れていなければ、市販品の購入を、
お勧めします。コネクター付きケーブルの方が、安く
つく場合があります。

 

 

 

sample

変換コネクターには、いろいろな種類があり、M型 、N型、BNC型から互い返還可能なので、ケーブル延長を使用するときなどには、中継コネクタを用いる事が出来ます。
ただし、変換コネクターは僅かながら損失をともなうので
多用は厳禁です。

 

 

 

ページトップへ

 

Copyright (C) MetalTmpl008 All Rights Reserved.